オーソモレキュラー栄養療法

こんな方にお勧め
  • ニキビができやすい、またはニキビが治りにくい
  • 肌のハリツヤを整え、アンチエイジングに取り組みたい
  • 乾燥肌、オイリー肌、敏感肌など肌悩みを解消したい
  • 肌の調子を根本から整えたい

オーソモレキュラー栄養療法とは

オーソモレキュラー栄養療法とは、「栄養療法」「分子矯正医学」「分子栄養学」「分子整合栄養医学」などとも称され、栄養素-適切な食事やサプリメント・点滴、糖質コントロールを用いて、身体を構成する細胞のはたらきを向上させ、様々な症状を改善する方法です。

当院では、患者様お一人お一人の栄養血液検査やバイオロジカル検査などの検査結果をもとに、どの栄養素がどのくらい不足しているのかを解析していきます。

肌本来の美しさを取り戻すために、栄養状態の改善は欠かせません。皮膚も臓器のひとつです。対処療法ではなく、食生活を改善することで、細胞レベルで健康を取り戻し、肌トラブルが起きにくい素肌にしていきます。

肌質に関係する栄養素には主に、
お肌の弾力を保つコラーゲン:タンパク質、ビタミンC、鉄、亜鉛
お肌の生まれ変わり:亜鉛、ビタミンA
お肌の水分を保つ:コンドロイチン硫酸
などがあります。

 

当院で取り扱うサプリメントの特徴

当院の使用するサプリメントは日本人向けに研究・開発された高品質な栄養素「MSSサプリメント」です。高品質の原料を厳選し、栄養素の抽出方法や濃縮方法を工夫し、高単位で効率の良い摂取が可能な医療機関のみで使用されている信頼のサプリメントです。

公益社団法人日本健康・栄養食品協会(平成4年厚生大臣認可)認定のGMP工場にて原料の受け入れから最終製品の出荷に至るまで、厳重な管理基準の下、安全かつ高品質に製造されています。

GMP工場と食品基準工場の違い

GMP工場
  • 最終完成品に表示された全ての成分が均一に含有されていること
  • 常温で2年間品質劣化しないこと

GMP(Good Manufanturing Practice)
薬事法に基づいて厚生労働大臣が定めた、医薬品等の製造及び品質管理の基準

食品基準工場
  • お菓子、牛乳、ハムなどの食品製造工場
  • 最終完成品に対して、成分の表示が求められていない
  • 製造工程での加熱処理等で成分が失われても問題にはならない
  • 均一性が求められていない

 

主な取り扱いサプリメント

ヘム鉄

女性に特に不足しやすい栄養素です。赤血球、肝臓、 筋肉などに多く存在し、免疫・消化管・知能情動にも影響します。

プロテイン

身体をつくる材料となるタンパク質です。体の構成要素として利用されやすいようアミノ酸を強化。

C250+αリポ酸

ビタミンCは水溶性ビタミンの一種で、美と健康の維持に欠かせない栄養素です。壊れやすい性質があるため、働きを維持するαリポ 酸と一緒に摂ると効果的です。

NB-X

8種全てのビタミンB、ビタミンB様栄養素だけでなく、核酸成分を配合。栄養の代謝に重要な役割を果たします。

亜鉛

亜鉛は現代人に不足しがちなミネラルです。特に体内の酵素と深く関係しており、生命活動の維持に欠かせない存在です。

オリーブ葉

ポリフェノールの1種であるオーレユーロペン、オレアノール酸、ヒドロ キシチロソルなどの成分が体内で天然の抗生剤様物質として作用することが期待されます。

 

治療の流れ

  1. 問診票記入
    現在のお悩みや症状を把握するためのチェックリストへのご記入や、血液検査を行っていただきます。
  2. 栄養解析レポート
    検査データに基づき医師が作成した、「栄養解析レポート」をご説明いたします。
  3. あなたに合った栄養アドバイス・サプリメントを処方
    「栄養解析レポート」に基づき、栄養アドバイスや、最適なサプリメントをご提案します。サプリメントはクリニックでも購入いただけます。
  4. 効果判定
    3~6カ月後に効果判定を行います。(希望する方のみ)

 

料 金

※表示料金は、すべて税抜表記です。

採血栄養解析 1回20,000円
簡易栄養解析 1回5,000円
鉄欠乏解析 1回1,800円
亜鉛欠乏解析 1回1,000円
蛋白代謝解析 1回1,000円
ALPアイソザイム解析 1回1,000円
ビタミンD解析 1回1,500円

※血糖測定(リブレ)の料金はお問い合わせください
 

よくある質問

サプリを飲んでからどのくらいで効果が出てきますか?

サプリの服用と同時に食事の改善が必要です。まずは3か月程度集中的に服用していただくことを推奨します。

市販のサプリメントとの併用も可能ですか?

市販のサプリメントの中には、様々な添加物が保有しているものもあります。
当院で処方するサプリメントの吸収に影響を与える場合もありますので事前にご相談ください。

文責:医師 師井美樹 

タイトルとURLをコピーしました