シワの原因

内的要因+外的要因でシワやたるみが発生年齢を重ねるとともに、肌の内側で皮膚の弾力性を維持する真皮層のコラーゲンエラスチンは減少・変性していきます。

また、お肌の表面の表皮においても、ターンオーバーが遅くなるため角層が加齢とともに分厚くなり、保湿機能が十分働かず柔軟性がなくなります。

これら内的な要因によって、皮膚全体の組織の機能が低下して、やがてシワやたるみとなるわけです。

さらに、紫外線、乾燥などの外的要因が重なると、シワ・たるみはさらにできやすくなります。紫外線による“光老化”がエイジングサインの大きな原因です。 紫外線の中でも特にUV-Aは、真皮まで到達してコラーゲン繊維を切断し、エラスチンを変化させてしまいます。弾力を失った皮膚はたるみ、ひだを作ってシワを発生させます。

また、加齢とともに、皮膚だけではなくその下にあって肌をささえている脂肪や筋肉、骨格までも変化していきます。化粧品だけで改善するのは困難です。


皮下脂肪や筋肉が痩せ衰えていくと、その部分がくぼみ、メリハリのあるラインが失われてフェイスラインはたるんでしまいます。そのように、皮膚がうすくなりくぼんでしまったところ、特に筋肉の運動量が多いところはシワができやすくなります。

目の回りはその典型で、目尻やおでこなどにシワが出やすいのはこのためです。

 

シワのもうひとつ外的原因は乾燥です。

角層の表面が乾いて皮膚の水分量も少ないと皮膚が薄くなり小ジワとなるのです。

20代の頃は一時的な症状で済みますが、30代を過ぎると本物のシワとなってしまうのです。

シワの治療法

高周波治療、レーザー治療、光治療などがあります。

効かせたい皮膚の深さやダウンタイムの違いで、さまざまな機械が毎年のように出てきています。

ヒアルロン酸・細胞成長因子ビタミン・アミノ酸を注入する治療もあります。

 

目の下のくぼみや、頬が平らになってきた、頬のくぼみ、口周りのやせによるシワなど、皮膚及び皮下組織の萎縮によってできてきているシワには、ヒアルロン酸注入をお勧めします。

 

また、表情筋の動きが一番の原因であるシワには、おなじみになってきたボツリヌストキシン注入です。神経伝達物質アセチルコリンの分泌を防ぎ、シワを作る筋肉の動きを調節することで表情筋によるシワを作らないようにします。