トレチノインハイドロキノン

トレチノイン(外用薬)


トレチノインはビタミンAの誘導体で、表皮のターンオーバー促進、真皮のコラーゲン産生促進、皮脂分泌抑制などの働きがあります。

 

シミ改善:皮膚のターンオーバーが促進されることで、表皮内にあるメラニン色素は早く排出されます。ハイドロキノンと併用することで、シミを改善します。

 

肌の若返り:ターンオーバー促進により余分な角質やメラニン色素がとれて透明感のある肌になり、コラーゲンの産生促進により小じわ改善、肌のハリを保ちます。

 

ニキビ改善:ターンオーバー促進により今あるニキビは早く治ります。また毛穴が詰まりにくい肌になることと、皮脂分泌を調整して皮脂を抑制する効果もあるため新しいニキビができにくくなります。

 

トレチノインの注意点

  • トレチノインを使用すると2週間くらいで肌荒れ、赤み、かゆみなどの症状が出ることがあります。この症状はレチノイド反応と呼ばれるもので皮膚が改善していくときに生じる一時的な反応です。保湿をしっかり行うことで緩和されます。
  • 妊娠中の方には使用できません。

ハイドロキノン(外用薬・美白剤)


ハイドロキノンはメラニン産生の阻害作用があり、お肌の漂白剤ともいわれる強力な美白剤です。米国では医薬品としてその美白効果が認められ、一般的な美白剤として使用されています。

 

その他の美白剤としてはアルブチンやコウジ酸などがよく知られていますが、化粧品成分として配合されるため濃度に限界があり、市販の美白化粧品では効果はあまり望めません。

 

同じくハイドロキノンも化粧品成分として配合されている場合がありますが、それもやはり化粧品では濃度が低いため、効果も低くなります。

 

師井美樹クリニックでは濃度の高い医薬品のハイドロキノンを処方しています。ただし、濃度が高くなるほど皮膚刺激症状などが起こる可能性がありますので、カウンセリングのもと、患者様の症状に応じた濃度で処方しています。