ベビースキンレーザー


波長1,064nmのヤグレーザーを用いた、ノーダウンタイムの肌再生治療です。

当院では最新型レーザーのスペクトラを用いて治療を行っています。

スペクトラの特長は、ロングパルスモードとショートパルスモード両方の治療が可能であることで、それによって従来のレーザーフェイシャルより幅広い症状に対応でき、より効果的に治療が行えます。

ショートパルスモードではよりアグレッシブに古い角質や毛穴の汚れを取り除き、肌のキメを整えくすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビ、ニキビ痕の赤みなどを改善します。ロングパルスモードではマイルドに皮膚に熱を届け、代謝を促進します。短時間(約15分)で全顔の治療が可能で、肌へのダメージはほとんどなく、治療直後からメークアップなど、すべての日常生活が普段通りに行えます。イオン導入などを併用することで、相乗効果が得られます。


波長を使い分け皮膚疾患別に適した治療を行います 

肌再生治療

ベビースキンレーザーの適応症状


  • 顔全体の肌質改善
  • くすみ
  • 小じわ・肌のキメ
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • ニキビ・ニキビ跡の赤み

ベビースキンレーザー治療の流れ


  1. 来院後、洗顔をしていただきます。
  2. レーザー照射をします。照射時の痛みはほとんどなく、あたたかい感覚と多少パチパチはじかれる感覚だけです。
  3. レーザー照射後、必要時、冷タオルでクーリングします。(オプションでイオン導入などを併用することで相乗効果が得られます)
  4. 施術後は、メイクしてお帰りいただけます。

ベビースキンレーザー治療間隔・回数


2〜3週間隔で、10回程度繰り返し治療を受けることで、徐々に改善効果が得られます。その後もメンテナンスとして定期的に治療を受けることで、改善効果がより高く維持されます。

ベビースキンレーザー治療の注意点


治療後は紫外線対策をしっかり行って下さい。

まれに治療後に、一過性に痒みを伴う赤い発疹がみられることがありますが、数日で治まります。