IPL(光治療)


加齢に伴い、シミやくすみ、小じわ、毛細血管の拡張などの症状が現れます。
光治療は、これらの加齢に伴う症状をIPLという光を照射して改善する治療です。


レーザーよりも波長域の広い可視光線でシミのメラニン色素を破壊します。

 

Qスイッチレーザーによるシミ治療よりもマイルドな治療で、治療後は軟膏を塗ったり絆創膏を貼ったりする必要がありません。

 

治療後すぐにメイクをすることができます。いわゆるダウンタイムのほとんどない治療です。

治療中の痛みはゴムを軽く弾かれる程度で、麻酔を必要としません。

 


Qスイッチレーザー治療と比べると効果がマイルドなため、メラニン色素量の少ない色のごく薄いシミに対しては、あまり効果がありません。

 

当院では最新機種のIPL「ソラリ」を用いて治療を行っています。ソラリの波長を利用して様々な皮膚疾患別に適した治療を行います。

IPL(光治療)の適応症状


シミ、そばかす
きめの乱れ、小じわ(深いしわには効果がありません)、肌の質感、はりの改善
毛細血管拡張症、赤ら顔(温度差によるほてりには効果が乏しい場合があります)

IPL(光治療)治療の流れ


  1. 来院後、洗顔をしていただきます。
  2. ジェル塗布後、光照射をします。多少のまぶしさとバチンとした衝撃(軽い痛み)を感じます。
  3. 照射後、必要時、冷タオルでクーリングします。(オプションでイオン導入などを併用することで相乗効果が得られます)
  4. 施術後は、メイクしてお帰りいただけます。

IPL(光治療)の治療間隔・回数


2~4週間おきに複数回の治療が必要になります。

IPL(光治療)治療の注意点


治療後は数日で破壊されたメラニンがマイクロクラストと呼ばれるごく小さなかさぶたとなって浮き上がってきます。このときはメイクで隠すことができます。

さらに数日経つうちに洗顔などでマイクロクラストが自然にとれていきます。マイクロクラストがとれたぶんシミが薄くなっていきます。