シミ


老人性色素斑(日光性黒子)


老人性色素斑の症状

いわゆる加齢や日焼けによる「シミ」で境界のはっきりした褐色斑です。長年紫外線にあたりつづけてきたために皮膚の角化細胞に異常をきたして生じます。顔だけでなく、体にもできます。

老人性色素斑を放っておくと・・・

シミが盛り上がってきて、イボ化するものもあります。


当院でできる治療

シミを改善したい方には、レーザー治療があります。

日常生活に支障のない治療を希望される場合には、シミを消すわけではないですが、徐々に目立たなくしていく光治療(IPL)という方法があります。また、外用薬による治療も可能です。



雀卵斑(そばかす)


雀卵斑(そばかす)の症状

頬~鼻にかけて小さな褐色斑が多数みられます。遺伝性があり、思春期から目立つようになり、中高年では目立たなくなり、 妊娠時に増悪する事から女性ホルモンとの関係が強いのではと考えられています。

雀卵斑(そばかす)を放っておくと・・・

数が増えていき、紫外線の影響で濃くなります。

当院でできる治療

一度に治療ができ、雀卵斑(そばかす)を徐々に薄くしていく光治療(IPL)があります。あまり数が多くない場合には、レーザー治療もあります。外用薬による治療も可能です。


肝斑


肝斑の症状

30代以降の女性に多い地図上のシミで、頬やおでこ、鼻の下などに左右対称にみられます。比較的淡い褐色調で境界があまりはっきりしません。原因は紫外線、ホルモン、摩擦などの慢性的な刺激や遺伝子要因など多因子が考えられています。

肝斑を放っておくと・・・

肝斑が拡がって濃くなり、顔色がくすんで見え化粧で隠す手間がかかるようになります。肝斑の治療にはいわゆるシミ取りレーザーは適しません。それらはかえって

肝斑を悪化させてしまうことがあります。

当院でできる治療

内服薬、外用薬による治療を3ヶ月程度を行います。また、症状に合わせて肝斑用のレーザー治療やトラネキム酸イオン導入、ハイドロキノンクリーム等を併用します。



炎症後色素沈着


炎症後色素沈着の症状

けがやニキビの痕が茶色いシミのようになるものが炎症後色素沈着です。

炎症後色素沈着を放っておくと・・・

多くのものは数ヶ月で徐々に薄くなっていきますが、強い炎症や慢性炎症後の色素沈着は自然には改善が難しくなります。

当院でできる治療

外用薬やレーザー治療などがあります。